沖縄在来の種であるアグ―豚。希少価値が高いだけでなく、肉質や味も他の豚に比べて優れている。

沖縄料理の食材のひとつアグ―豚について

Pagelist

アグ―豚の美味しさにやみつき

沖縄料理の食材のひとつアグ―豚について アグ―豚のしゃぶしゃぶを食べてきました。肉質が柔らかく、脂もさっぱりしていてとても美味しかったです。沖縄でも貴重な豚のようで、流通量もけっして多くないとのこと。貴重な豚だけにブランド化が進められており、認定された豚でなければ「アグー」を名乗れないようですね。

このアグー豚、沖縄在来の品種だそうです。もともとは中国から持ってこられた豚が発祥らしいのですが、それ以来沖縄の風土の中で育てられ、今では沖縄固有の豚となっています。沖縄といえば豚肉がよく食べられる地域ですが、その中でもアグー豚は美味しさと希少価値で特別な存在です。なにしろ一般的な豚と比べて小ぶりな上に成長スピードも遅いとあって、どうしても市場価値が高くなる傾向にあるのでしょう。

さて私が食べたアグー豚のしゃぶしゃぶですが、まず肉の見た目からして普通の豚肉とは違いがありました。牛肉のように“さし”が入っているのです。だからといって脂っこくはありませんでした。美味しい肉はたいてい脂がすっきりとしているものですが、まさにアグーの肉もそんな感じでした。これはブランド化されるだけの価値がある豚肉だと思います。なかなか食べる機会はありませんが、ぜひもう一度食べてみたいですね。