沖縄県の有名な特産品のひとつ、アグ―豚についてその歴史と概要、料理例について説明いたします。

沖縄料理の食材のひとつアグ―豚について

Pagelist

沖縄特産品アグ―豚について

沖縄料理の食材のひとつアグ―豚について アグ―豚とは沖縄で古くから畜産されていた固有の食用豚です。その歴史についてみてみると600年ほど前に中国から伝わったとされ、沖縄で飼い続けられていた島特有の豚がアグーの起源であると言われています。アグーは昔から沖縄の食文化を担っていましたが、第二次大戦後にアメリカの影響をうけ、豚の品種改良が進んでしまいアグー種は絶滅の危機に瀕しました。

しかし沖縄の固有種であるアグーが絶滅することに危機感を感じた人々により、10年ほどの歳月をかけて雑種化を食い止めることに成功し、今では戦前に近い血統を備えたアグー豚が維持されているのが現状です。食用豚肉のアグーはその数が100頭前後という少なさであり、沖縄のみで流通するほどの希少性をもっています。

アグ―豚は一度食べると、忘れられないほど独特の旨みとまろやかな触感が強烈に脳裏に焼きつくほどと言われており、一般的な豚肉と比べものにならないほど、人気の豚肉です。旨味成分であるグルタミン酸が通常の豚に比べて約3倍という高さを誇り、疲労回復に効果があります。また、コレステロールの値が一般の豚肉の1/4という少なさであり、脂身が大変甘く、成分的にはコラーゲンがほとんどということもあり、女性にも大変人気の食材となっています。