アグ―豚は戦後の絶滅の危機を乗り越え守られてきた在来豚です。脂の旨味を活かした料理は沖縄が誇る味です。

沖縄料理の食材のひとつアグ―豚について

Pagelist

沖縄の味、貴重なアグ―豚の歴史と料理

沖縄料理の食材のひとつアグ―豚について アグ―豚は、14世紀に中国から沖縄(当時の琉球)に伝来した種豚が元となった、沖縄の在来豚です。その後西洋品種のバークシャー種を掛け合わせた品種改良が行われ、高い肉質と上品な脂を持つ、素晴らしい豚になりました。しかし、第二次世界大戦後は畜産の大規模化に伴い、大型で生産効率の良い西洋品種が普及し、小型で成長も遅く、産仔数も少ないアグ―豚は絶滅寸前となりました。

絶滅寸前となったアグ―豚ですが、その味を守る為に残ったアグ―豚とその雑種を元に、戻し交配が行われ、ほぼ戦前の姿を持つ品種が復元されました。現在は認定された指定生産農場において生産された豚肉が、アグ―豚の名で売られています。これらの豚肉は、復元されたアグ―豚、またはアグ―豚と西洋品種の雑種となっています。指定生産農場は毎年認定の為の申請が必要である等、一度絶滅寸前となった歴史を持つアグ―豚の種とブランドを守る取り組みが行われています。

アグ―豚は、融点が低くとろけるような味わいの良質な脂と、それによってもたらされる柔らかな肉質が特長であり、ラフテーやテビチなどの沖縄の定番料理に限らず、しゃぶしゃぶやトンカツ、焼き肉など、肉の味そのものを活かした料理に向いています。