沖縄の固有種であるアグ―豚の肉は、脂肪が口の中でまろやかに溶け、甘みのある、うまみ成分の多い肉です。

沖縄料理の食材のひとつアグ―豚について

Pagelist

アグ―豚の肉にはさまざまな特徴があります

沖縄料理の食材のひとつアグ―豚について 沖縄では、昔から豚肉がよく食されていました。そのため養豚も盛んで、そこで飼われていたのがアグ―豚と言われる、沖縄特有の豚です。昔、中国から連れてこられた豚が起源となっていると言われています。戦前までは多くのところで飼育されていました。しかし、体が小さく育てるのに時間がかかるため、一時は発育が早く、肉が多くとれる西洋種の豚の飼育に切り替える養豚業者が増え、絶滅の危機にありました。現在では、沖縄特有の種として、大切に飼育されています。西洋種の豚に比べ、繁殖力があまり強くなく、一回に出産する子豚の数は少なくなっています。そのため頭数は現在でもそれほど多くありません。現在食用として販売されているアグ―豚の肉は、アグ―豚の雄とその他の種の豚の雌を交配させたものです。両方の特徴を有しているその肉は、非常に美味しいと評価されています。

アグ―豚の肉の特徴としては、まず、ほどよい霜降りとなっており、脂肪部分は融点が低いため口に入れるとすぐにとろけます。また、肉の味は甘みがあり、柔らかいのが特徴です。科学的な分析でも、人がうまみを感じるアミノ酸であるグルタミン酸が多く含まれていることが分かっています。かつては沖縄でしか食することができなかったアグ―豚も、現在では、通販などを利用すれば全国で購入することが可能です。沖縄料理のみならず、あらゆる料理に使用しても美味しい肉となっています。