沖縄の代表的な食材のアグ―豚の美味しさの秘密は何なのか、その歴史と肉質の特性を紹介しました。

沖縄料理の食材のひとつアグ―豚について

Pagelist

アグ―豚の肉質の特徴について

沖縄料理の食材のひとつアグ―豚について 日本でありながら、南国の雰囲気を味わい、リゾートを満喫できるとして大人気の観光地といえば沖縄ですね。海のキレイさなどに目が行きがちですが、実はグルメもたくさんあります。沖縄でしか味わえないそこでしか味わえないグルメ食材の一つにアグ―豚がありますが、豚肉という食材の特性から、料理のレパートリーの数の多さで人気が高いですね。

豚肉といえば、お隣の九州は鹿児島の黒豚が人気で、今では一般的にも売られていますが、最近では、都内などの高級スーパーでもたまにアグ―豚が売られているのを見かけます。アグ―豚は、小柄で脂身が少ないため、とても希少なものなのです。そのため、高値で売られているのですね。昔は、沖縄地方の農家で広く飼育されていたのですが、地域の発展により、最近ではとても少なくなってきたのです。

先にも述べたように、脂身が少なく、他の一般的な豚肉に比べてコレステロール値はとても少ないため、健康食としても人気が高く、その上アミノ酸などの旨みを感じる成分が多いことも特徴です。しゃぶしゃぶなど、たんぱくで肉そのものの味を楽しむ料理にはもってこいの豚肉ですね。なかなか見かける機会は少ないので、現地を訪れた際にはぜひ食べたい食材です。